ペルーボリビア国境越え, インカ道ハイクとナスカの地上絵&チチカカ湖

  • 2012.11.22 Thursday
  • 23:59
行ってきました
ボリビア国境越え インカ日帰りハイクとナスカの地上絵&チチカカ(ティティカ湖))
        12日間  体力★★  高所★★


謎の地上絵で知られているナスカ文化、年間を通して雨が
少ないので奇跡的に現在もかろうじて残っています
30個の図形や、動植物、魚などの巨大な絵は空中から見ないと
わかりません、。。本当に不思議な世界です

標高が高い所に何日も滞在するので6ヶ月以内位に
キリマンジャロなど高い山を計画の方にとっても楽しんで
高度順化できるツアーにもなるでしょう、(*´∀`*)
勿論、高度順化の為にきちんとサポートしますので
安心です

成田〜ヒューストン〜リマ
翌日はリマ〜クスコ、ここで人気の熱いガイドフエリペさんに
会いました
まずは高度順化を兼ねて世界遺産に指定され、インカ帝国の
かつての首都としても名高い古都クスコ遺跡に行きます、
クスコは標高3400mあるのでゆっくり行動します

コリンカチャのサントドミンコ教会はインカ帝国の太陽の神殿の石段
、庭
中庭です、中は撮影禁止です


世界中ワンチャンは人気です(#^.^#)


アルマス広場近くのレストランでのクスコ初めての食事
まずはスープ、美味しかったです(*´∀`*)


クスコ初めてのランチ


特にデザートと高山病に効くコカ茶は人気


十二角、十四角の石を見て


フエリペさんがとうもろこしの種類の多さは世界随一でモチモチ
して美味しいというお話等


フレッシュフルーツジュースは美味しかった!!


サクサイワマン遺跡に回りました


売り子さんがたくさんきて、皆さん、素敵なアクセサリー買いましたね
安かったですね〜  倉持も本屋マップ等買いました


そしてこの日の最後はリャマ牧場です
コンドルがビューンと目のまえを飛んでいきましたよ
なかなか写真は難しいです


機織り名人もいらっしゃいました!
出来上がった商品の素晴らしかったこと! 記念のお土産に
皆さん、いろいろ買いました


そして3日目はいよいよマチュピチュ村までトレッキングです


ペルー社のビスタドーム(天窓なので車中から景色が見渡せます、
軽食&ドリンク付き)


104k地点で下車しました、事前に申告していればそこで停まってくれます


ここからスタートです
今回空港でお一人のスーツケースが出てこず、結局受け取ったのは四日目でしたので
トレッキングには間に合いませんでした。。
登山靴も着替えもあまりなく、本当に気の毒でしたが登山靴は倉持がいつも大きめの靴を
履いているのでピッタリ、あとは皆様のご協力であまり不自由なく過ごせました(感謝感謝)






チャチャバンバ遺跡を通り過ぎるとランなどの花々が綺麗です
我々だけなので静かですが日中はすごく暑いです゚(゚´Д`゚)゚が、東屋が2箇所あり
そこで一休みできます


お〜い、急坂を登ればもうすぐウイニャワイナ入口ですよ


遠くから見えた全貌


ウスイチャカ川の鉄道の列車や花々を見ながら順調に進むとウイニャワイナ遺跡の
入口に着きます


中はこんなです


上から見下ろすとかなりの高度感です
まだ発掘途中ですが、非常に見事な段々畑と建物跡の遺跡です


遺跡前でパチリ


おにぎり弁当


今日最後の急坂かな


いよいお感動の太陽の門
そこをくぐると夢にまで見たマチュピチュ遺跡が遠くに。


早く近くで見たくて皆さん急ぎ足に、
そしてだんだん全貌が見えてきましたよ


リャマを通りすぎ早く遺跡の中に入りたいですが、お楽しみは明日
今日はマチュピチュ村に泊まり、明日遺跡に入り、右のワイナピチュ登頂も
目指します

この日は皆さんよく頑張って歩かれたので今夜はフエリペさんがマチュピチュ村で
1番美味しいレストランに予約をとってくれました!


生ジュースで乾杯(高所なので皆さんアルコールは控えました)


バーベキュー


ヘルシーメニュー


デザートも絶品(*´∀`*)


4日目はいよいよマチュピチュ遺跡入りです



朝はこの通りガスっていたし11付きはぐっとすくので朝1番にワイナピチュ登山をしなくても
大丈夫ですので先に半分観光することにしました


15世紀前半、スペイン軍にインカ都市は破壊されましたが、
密林のジャングルの山奥にある標高2400mのマチュピチュだけは
奇跡的に見つからなかったのですね
中でも最も古い部分はインカ以前に建てられたものもあるとも言われていて
謎が多いですね。。

ワイナピチュ(2700m往復薬2時間)にも登頂し遺跡観光します
登頂はすごく難しそうに見えますが、道はきちんとしていますので
難易度は高くありません
この頂上から望むマチュピチュは絶景!!!
標高差はわずか250mです
ゆっくり登り景色を楽しみましょ!
多分一生に1回の機会ですから!


高所恐怖症のあ方は住めません。。


フエリペさんの説明の嵐です


いよいよワイナピチュに登ります、暑かったですが少ししか並んでいませんでしたね
エントリーがゆっくりですのでなかなか進みませんが。。


登り始めです


頂上は狭いので少し下でパチリ!


もう一歩です


ここが頂上(*´∀`*)




下りは急です


しか〜しこんな場所でもメンテナンスの方が。。


無事下山し半分観光し登頂の喜びに浸りました
生後3日くらいのリャマの赤ちゃん!


マチュピチュ村で美味し」バイキングのランチを済ませ、シャトルバスで
アグアスカリエンテス駅まで戻り、オリャタイタンボ駅までまたビスタドームの列車に
乗ります
ダンスノショーや、フアッションショーもありましたよ(#^.^#)


駅〜ホテルの途中で農家も訪ねトウモロコシのお酒も頂きました


夕食後は例によって待ちに繰り出し夜景を見に行きました
ぼやけてしまいましたが感じはわかりますか?


5日目はクスコー〜プーノまで移動ですが、まずは世界一美味しいパンと言われている
オロペサ村へ行き、試食と明日行くウロス島へもお土産として買いました


そしてアロスムロス遺跡に立ち寄りハチドリを見て、ラクチ遺跡に行きました
クスコから120kのカムチャというところでインカ時代の宿場町です
インカ時代の建築は珍しい、石と泥とイチュと呼ばれる藁で造られた大きな壁は珍しいです


ピラコンチャ神を祀っていたかなり大きな寺院は円形で遺跡の周りは防壁で守られており
水道、農耕地、市場、食料貯蔵庫、
緯度等が残っていてかなり住みやすそうです

次最高地点ラライヤ峠でお土産など買い、写真を撮って、広大な景色の中、ボリビアアンデスの
山山やチチカカ湖のプーノを目指します


6日目はチチカカ湖の船着場から朝の島ウロス島へ向かいます。
まずはチョロタクシーで船着場へ
トトラという葦でできたウロス島へ、船も家もみんな葦でできてます
スペイン軍に占領された後、先住民達はブーノの街から追いやられ、
山奥やこの葦の浮島に移り住み、自分たちの故郷をはるか彼方に
見ていたという背景があるので、複雑な気持ちでもありますが。。。
これは驚異的でここしかないでしょう、




ウロス島の生活様式を見せて頂き


民族衣装も着せて頂きました


葦でできた船にも乗りましたよ


小学校も訪問できました、たくさんの日本の歌を聞かせてくれて涙が出ました。。




途中のレストランで美味しいバイキングのランチを頂きましたがここの子供たちがめっちゃ
可愛くて一緒にレゴで遊びました






世界樹の子供はどの国も可愛いですね〜

そしていよいよボリビア国境越え


フエリペさんとしばしお別れし宮原ガイドと合流しました


ペルーはボリビアからたくさん卵を輸入しています


宮原ガイドは標高差を考えていざという時のために酸素ボンベを持参していました。
ありがたいですね


今夜はコパカパーナのホテル入りなのでその前に大きくて立派なカテドラルを見学、
ここには4つのチャペルと大聖堂が特徴の真っ白な教会で内部は撮影禁止です


コパカパーナのホテルは雰囲気がありました。
倉持の部屋ですが、皆さんのお部屋は勿論もっと素晴らしかったですよ


7日目は太陽の島に船で渡ります
ユマニ港に行く車窓からはボリビアアンデスの雪山(イリャンプ6331m、ハンコウマ6427m、
チエアロコ6150m、チャチャコマニ6074m、コンドリリ5648m、ワイナポトシ6080m、
ムルラタ5700m、イリマニ6462m、が素晴らしい、これまで全日快晴で嬉しいですね

船でインカ帝国発祥の地といわれる
テイテイカカ湖は富士山よりも高い高地に広がる
神秘的な湖で、太陽の島はテイテイカカ湖のボリビア側に
位置していて、段々畑に覆われ≪若返りの泉≫などの
遺跡もあります、
船は楽し!


太陽の島で太陽の神殿まで軽ハイキング


島に上陸です


子供たちもしっかり稼いでいます、
パチリと写真を撮ると子供がどこからか現れ、しっかり2ボルビアーノ渡さなければなりません、複雑な気持ちですが、生活するためには仕方がありません。


ずっと登っていくとどんどん景色が良くなり



いつの間にかお一人に続いてこの島最高地点に初めて上がれましたのでパチリ!
ここからは雪山アンデスの山山、ユマニ港、真っ青なチチカカ湖、沖合に月の島、
遠くにはイリャンプ山、感動の景色です



下りで物思いにふけっているリャマ発見。何を考えているのかな。


ボート停泊地まで戻り、雰囲気抜群のレストランでランチ。
我々とひと組のカップルだけで静かでしたねえ。。


素朴で今回1番美味しかったような食事でした


船着場で見かけたお洗濯フアミリー、小さな頃からよくお手伝いしてます

再びコパカバーナに戻りボリビアの首都ラパスへ
ラパスは建物が狭い敷地にギッシリ、ホテルの10階の部屋からは夜景が綺麗です

8日目はイリマニ山を見ながら、テイワナク遺跡と市内観光です


四大文明に負けない古代遺跡ですが、残円ながら発掘が進んでいません。
早く見てみたいと言ったら、我々が生きているうちは無理だね〜とみんなで
大笑いしましたが、その通りです


テイワナクホテルでランチ、リャマの肉に皆で挑戦、ここのホテルの味付けは特別美味しいという
ガイドの言う通り美味しかったです


市内観光をいろいろ周り最後は滑り込みで30分だけでしたが月の谷
静かで月に降り立った気がして、不思議な空間でした




夕食は日本食レストランのニュー東京へ
天麩羅定食とそば、あなたならどちらを選びますか?


9日目、今日はボリビアを出国し、✈でリマへ、
再びフエリペさんに会い、イカへ向かいます











途中のレストランでのランチは(また又、食事の写真で恐縮ですが移動日なので
話題は食事くらいです(笑)
何品か皆でとりわけこれが大好評でした!

明日はナスカの地上絵なので近くのイカまで移動です
イカのホテルに到着後、サンドバギーを体験することにしました


フエリペガイドも倉持も乗りましたが、いやあ、皆さん童心にかえりキャアキャア騒いでいました


サンドボードも挑戦、何でも初挑戦はエキサイテイングです



10日目はナスカの地上絵とリマへの移動です


機長さんとパチリ! カタコトの日本語で一生懸命説明してくれましたが、やはり地上絵の写真は
とれません。


帰りの飛行機の時間まで時間があるのでマジエスタ島なで渡ってみました
水しぶきがすごくシートを皆でかぶって船酔いどころではなかったですね(笑)

今回の手配平野さん、いろいろお世話様でした
雨季に少し入ったところでしたが、幸運にも雨には降られず、すいていて最高でした、

標高が高いにも関わらず、腹式呼吸をきちんと練習してくださり、水分も積極的に摂って下さり
アルコールも我慢し(笑)お元気に歩かれたこと感謝致しております

ありがとうございました!





 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

☆彡占い

メール

時計

天気


-天気予報コム-

トピックス

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM