キリマンジャロ登頂とアンボセリ国立公園

  • 2016.02.02 Tuesday
  • 00:16
行ってきました!
キリマンジャロとアンボセリ国立公園
28/1/19-29
アフリカ皆さんにとって初めての朝食!


一生懸命作って下さいました

ホテルの裏を皆で散歩したら昔ながらの生活が残っていましたよ

パイナップルもありました

中をのぞいてみたらこの方がいろいろ説明とポーズをとってくれて狩りのポーズ!

さあ、いよいよ登山口、ポーターさん達あっという間に出発してしまってプライベートポーターさん数名しか一緒に
写真撮れませんでした・・


キナバルバルサム(キリマンジャリ

ランチプレイスで・

かわいいいぞ

夕食は生野菜もすべて火を通してもらってます

プロテイアにのっかってるカメレオン

出て来た、ニョキニョキ、ジャイアントセネシオ

ホロンボハットからのマウエンジ

イラクの人たちと・にぎやかだったね、大変な国だけど、個々は良い方ばかり。何故か何枚も写真をねだられた

朝焼け、本当に美しかった☆

朝焼けのキリマンジャロ

朝焼けのマウエンジ

これからずっと宜しくお願い致します

それぞれのプライベートポーターさんとツーショット









高度順応日、ゼブラロックの上まで・



チト足曲がってしまった・・

なので違うポーズで・

ただぼんやり高所でまったりするだけで順応に効果あり

ずっと登る山を眺めていましたよ

男性3人の湯たんぽ。可愛い!

ポレポレ

皆さん、元気、食欲もあり

あらら、太陽の周りに虹が・

最終ロッジのキボハット、4720m SPO問題なし、皆さん元気・ランチプレイスからちょっと苦しくなりましたね
夜中出発なのとそれぞれペアーでご自分のペースで歩きましたのでバラバラになりギルマンズ到着時も真っ暗でしたので写真はありませんがここからは山田さんから提供して頂いた写真です、エリーポーターさんが撮ってくれました
氷河です、年々小さくなってます






登りは真っ暗だったギルマンズポイントは下りでやっと明るくなりました








アフリカ最高峰ウフルピークです・5895m、コングラッチュレーション!

雪がだいぶありました、強風で誰一人として登ってこれません。

ちょっと目が調子悪くなってしまいましたが大丈夫でしたか?強風のためマチャメルートからは上がってこれなかったようです
ステラポイントです
ここからまた倉持の写真です↓


やっと長い道のりキボハットまで下山しました、この後ホロンボハットまで3時間下山しなければなりません、強行軍です

時間があったので下山後、近所へお散歩

大きくなったね

学校も訪問しましたよ

子供たちがこんな重い水を小さい時からあたり前のように運んでいます。エライな〜

さあ、今日からは生のフルーツやサラダ、お酒・解禁です

ポーターさん達、大変お世話になりました

並べてみた

2日前でしたがちょっと早いバースデーでお祝い

いつも立ち寄るお土産屋さん、マーシーも元気で嬉しかった!

アンボセリ国立公園でサフアリツアーです、いきなりキリンたち現れてくれましたよ





トムソンガゼルはかっこいいー

マサイ村も訪問しました、ちょっと複雑な気持ち・・







アンボセリ国立公園内にあるセレナロッジは今日は15名しか泊まっていなくて外でのBBQに変更です

園内に咲いていたラン



朝サフアリ





数種類の肉を食べました、空港までは渋滞しましたね

パイナップルのシナモンかけ、ゴーカイ!

山田さんの写真からです↓
















11日間お疲れ様でした、アタック日出発時は良かったですが、だんだん寒くなり風が強かったですね
少人数でしたが、それぞれの思いでポーターさんと力を合わせてチャレンジでき良かったです

手配の古賀さんいろいろお世話になりました

アロンサーダー、デウスサブガイド、エリー、アンドリュー、フレデイ、ブルノ、ダビス、PP
アルバートコック、ゴリウエイター、その他たくさんのポーターさんたちありがとうございました!

5月2日ー6日の台湾玉山。2日ー8日の台湾玉山・雪山もう少しで催行です、宜しくお願い致します
2月20日からのベトナムはキャンセル待ち
4月6日ー15日のネパール・コンデ(特別手配)は催行予定です
今年は7月中旬くらいからピレネー行こうかなと思っています、こちらも宜しくお願い致します














 

キリマンジャロ写真追加

  • 2015.01.31 Saturday
  • 19:25
 こんばんは!
週末お疲れ様です
キリマンジャロの追加写真ですが、お客様の旭さんから送って頂きましたので
追加致します、
2人ウフルピークに早い到着でしたのでまだまだ暗かったのですが、とても氷河などが
綺麗に映っていますよね(@^^)/~~~
旭さん、ありがとうございました!















3月27日から14日間の【ネパーアンナプルナ内院トレッキング】詳細は→2014/12/02のブログをご覧ください







キリマンジャロ(5895m)登頂とアンボセリ国立公園

  • 2015.01.28 Wednesday
  • 01:52
 行ってきました!
マンツーマンポーター同行 
キリマンジャロ登頂とアンボセリ国立公園
27/1/16-1/27


機内からの富士山綺麗だったなあ〜





カタール航空の機内食は美味しいですよ☆彡




今回はガモフバッグは現地調達だったので荷物は1つ少なくて助かりました
それでも30kオーバーです・・





キリマンジャロ空港で1年ぶりにアロンとジャッキー、ムスDに会いました


翌日はマラングゲートでスタッフとミート、ポーターさん達久しぶり!皆さん、宜しくね!


樹林帯の中、キリマンジャリ、キナバルサム、ホウセンカなど綺麗です


プライベートポーターさんともう仲良し(*^^)v


フアイヤーボール


途中、先回りして作ってくれたランチ、チキンが美味しい〜



最初のロッジのマラングハットへ到着、すごくすいています・・


時間があるのでクレーターまでお散歩・カメレオンいましたよ



オトギリソウの仲間


キリマンジャロロベリア



翌日は少し雨に降られましたが、ホロンボハットまで元気です、水分半端なくたくさん飲んでいます


可愛いカップルさん(@^^)/~~~


そして翌日は高度順化兼ねてゼブラロックへ
マウエンジ顔出しました、今はマウエンジには登ることはできません、


ゼブラロック


さて、恒例の服装チエック、ちょっと着ていいかなあ〜この羽毛いいなああ〜、僕にピッタリだあ〜ヒロコが思い切って購入した羽毛をダイゴにとられそうー


夕方キリマンジャロがくっきりと!


翌日は快晴、暖かいです








ポーターさん、どれだけ重いの担いでいるのかな


僕も担いでみよう、とコウイチ



逆さマウエンジ、開脚ストレッチ中に足の間から撮りましたよ





もうすごく綺麗だ




キリマンジャロもだんだん近くなってきました、




最後のロッジ、キボハットまできましたよ
今夜のアタックは皆さん、マンツーマンポーターと仲良くなり名前でずっと呼び合っていたので、ポーターから離れなければそれぞれ離れても大丈夫、マイペースに自分のことだけ考えて登って下さいね、

アタック日は快晴、星空綺麗、暖かくコンデイションは最高!
登頂お疲れさまでした!
頂上付近の写真は後でアップしますね、
下山はとても早くホロンボハットには早い到着となりました、



山小屋ではお粥、卵おじや、味噌汁などコックさん達と一緒に作っていましたが今回はスパゲッテイーのランチ、



今夜はアロンのアレンジのロッジへ(感謝感謝)



お迎えの車がきました



ロッジはとても新しくシャワーも浴びることができました



ソフイアにも挨拶しに!!この後はマラングゲートに行きサイン、そしてホテルで荷物P/U



夕食もう少し待って下さいね












この後、サーダーの家でパーテイーですね、


おっと、その前に散歩に2時間半連れて行ってもらいました、これがすごく楽しかった(@^^)/~~~







とうもろこし、これが牛やヤギのエサになります


またまた、カメレオンいました












みんなバリバリ食べてましたよ〜



タンザニアカラー、素敵です



子供達もいっぱい集まってきましたよ







滝もいくつかありました



まさかの急坂でショートカット







いやあ、のどかだなあ〜



小さなショップも。



ブラシの木も。



教会、も行ってみました、



隣は学校ですが、サッカーボールとかバレーボール持参すれば良かったなあ・・
みんな照れていたなあー



アロンサーダーの家で・


ポーターさん達も衣替え






キリマンジャロの歌で踊ります






女性も衣替え


そして腕相撲を提案、彼らにとっては初めての体験でした
我々からは20代若手のダイゴが代表して挑む、勝ちました〜


次はめちゃ力持ちのデウス、いい勝負で結局最後まで引き分け、素晴らしい!!


みんなで日本から持参したプレゼントの1つ、オーバー手袋もらって御機嫌のアルバート



ソフイアは大人気です(@^^)/~~~



軽く挙げられてしまいましたよ、


こちらも、デウスが軽く!


大の仲良し、今回男性陣2人はウフルピークまで過去最速で到着しましたよ、


代わりに挙げてもらいました

スタッフに別れを告げアルーシャに向かいます、


夕方到着









ここでドライバーさん交代です、ムシありがとう!お世話になりました、ここからはチャールズ


トライアスリートでしょうか


ホワイトブーゲンビリア素敵です
さて、明日からアンボセリ国立公園でサフアリ楽しみです
翌日早く出発、タンザニアからケニアへ


アンボセリに入った途端、たくさんお動物に会えました、まずはキリン


写真は撮れませんでしたが、ワイルドビースト、カバ、ムー、トムソンガゼル、インパラ、ハイエナ、シマウマ、ダチョウ、ペリカン、モンキー、たくさん見ることができました、



アンボセリのセレナロッジへ到着、バイキングの昼食、夕食美味しいですよ


セレナロッジはムードあります、











夕方からのサフアリは象の群れ





何とドライバーさんにライオンいるとの情報が入ったらしく、飛ばして2番乗り





すごい数の車がすごいカメラ片手に集まってきましたよ


メスがとっとこ移動すると・・





何と雄のライオン2頭がすぐそばまである来てきましたよ


ひゃあ〜すごい迫力



すごいカメラでした


さあ、日没です、★きれいかな〜





夕食もバイキングですが、スープやメインはチョイスしますので食べすぎ注意






タンザニアはキリマンジャロビールでしたが、ケニアはタスカ


部屋もムードあります、外にはお猿が。。


従業員のマサイ人達とパチリ、もう数回来ているので顔覚えてくれてます


夜は明かりがともります





最終日、ナイロビまで行く途中、お猿さん達見送り。





最後の網前を象が通過、


網がチト邪魔ですが・・


何回言ったでしょう、カリブとアクナマタタ



途中の休憩でマーシーにも会えました、お母さんになってました!


アフリカ最後の昼食は和食です









あと1時間で空港です、ナイロビ市内は渋滞がすごいので時間は余裕をもって。





無事飛行機に乗れて一安心、夕陽が綺麗





ちょっとベジタリアンメニュー注文してみたら、やっぱり普通のが良かった・・


とは言っても懲りずにまたベジタリアンメニュー注文してみたが、やっぱり普通のがいい。
もう次回からはやめよう、

ご参加の皆様、お疲れさまでした!
遠いアフリカまでのフライト、大変な山、素晴らしい景色とスタッフ、
充実した11日間でした、
エボラのお陰で他のツアーはキャンセルもあったそうで、現地スタッフはがっかりしていました、
タンザニアは影響はありませんので通常通りたくさん来てくれるといいですね

手配の古賀さん、いろいろありがとうございました!
顔見しりで慣れていたスタッフでしたので楽しく何でも意思疎通できたので頑張れました、
また次回、会えることを約束してきました、








キリマンジャロ登頂とアンボセリ国立公園

  • 2013.11.27 Wednesday
  • 01:49
 行ってきました!
25/11/15-16
キリマンジャロ(5895m)登頂とアンボセリ国立公園

今回も雪化粧のキリマンジャロ綺麗でした!
夜中に雪が降り、日中は快晴!
全員ウフルピークまで登頂できました(*^^)v


ウフルピーク

マンツーマンポーターが全員についていましたので、マイペースで登頂でき
全員の集合写真は下りてからとなりました!

運よく夜中2晩雪が降り日中は快晴でしたので、
歩きやすくサミットデイは暖かく0度くらいで厚着不要。
適度に湿り気があり呼吸もすごく楽のようでしたので
コンデションは最高!












まずは初日は機内、2日目はキリマンジャロ空港へ到着後、マラング登山口近くのホテルへ移動、ミモザ、いろいろなカラーのブーゲンビリア、ジャカランダがお出迎え。



3日目はいよいよ登山口へ、キリマンジャロホウセンカ



マラングロッジにはブルーモンキーがいっぱい。



ロッジに到着するとまずはテイータイム、ポップコーンやピーナツが美味しいっ!!


そうそうカメレオンを見つけてくれました


マウエンジはずっと見えていてかっこいい!








キリマンジャリや様々な花達が。


ウエイターのゴリには1番お世話になりましたが、いつもナプキンでこんな
おもてなしをしてくれるナイスガイでしたよ(*^^)v


ホウレンソウのおひたし、ポテト、バナナ、どれも美味しい
ワラビもたくさん取って湯がいたが、やはりアクが強かった(・・;)

朝、晩、キッチンに入り、コックのアリバテイーと料理したので、毎食ほとんど
白米から始まり、お粥、みそ汁、大根の酢の物、温野菜、フルーツ、徹底したので
最後まで元気でしたね


ポーターさん達のお陰で登頂できましたね!本当にありがとう


ミーテイングは真剣ですよ


皆さんの荷物がスコールなどで濡れないように先に出発のポーターさん達はしっかり
くるんでくれていました






雪が降る前はいつものキリマンジャロ





マウエンジもいつも通り




ラン









今回はすいていたのでポーターさん達とのすれ違いもほとんどありませんでしたね


カメレオンよく色が変わります!


プロテイア綺麗(*^^)v


トリトマ





ロベリオ




お〜いい、ジャイアントセネシオ群団見える〜?


見えるよ、いいね〜(・・;)


ロッジではいつもポップコーンやピーナッツ








マウエンジとジャイアントセネシオ





まだまだ胃腸も元気だ



日中は全日快晴で朝焼け、夕焼け楽しめました





ホロンボハットからのキリマンジャロ


2晩雪が降りましたよ


皆さん、やはり下山までお酒は控えました、これはルイボスジュースです



こんなに雪が積もりましたね


さて今日はホロンボハットで連泊、ポレポレだ
ゼブラロックに高度順応に出かけましょ、4150mまでいきましたね





マウエンジもすっかり雪化粧で素晴らしい(^v^)





マンツーマンポーターさん達と名前を呼び合い、ハグし話しかけよく笑い
すっかり打ち解けて中良くなりました〜
私達も呼びやすいように、エミ、カズ、CC,ショウコなどと呼んでもらいましたよ


かえってきたら美味しい昼食を済ませいつものガモフバッグ講習会というか、
確認会ですね、


1日で雪は解けましたが、この日の夜中もまた雪が降りました


いつもの朝焼け、朝晩全然寒くなかったですね


朝起きるとまたこんなにつもってました〜


マウエンジも!


昼過ぎるとまた解けてきました


今日はキボハットまで。いつも通り快晴です


雲がフワフワで可愛い!!





快晴で体調も万全!いいよ、


さて翌日はアタック日、夜中は暖かく皆さんの衣類チエックしましたが、それよりも
脱いで登り始めました
ギルマンズ過ぎるとこの様に夜が明けてきました





アイゼンは装着しませんでした


ウフルピークはマンツーマンポーターさんに支えられてしっかり皆さん登頂しました!
頑張りましたね






倉持は高山病にかかったことがないのですが、本当に苦しいのですよね、
本当に頑張って涙が出ましたね






ギルマンズからウフルまでの往復は凍っていたので要注意です




キボハットまで下山しそこからまた長い道のりでホロンボハットまで戻ってきます
今日名本当に長い1日でした













いよいよ下山です、


余裕ですね


またまたカメレオン!




ゴリは何から何までサポートしてくれて、本当にお世話になりました、
ロッジによく顔を出してくれて、朝晩のウオッシングウオーター、荷物回収、
キッチンでも。小屋の中の食事も、常に動きまわっていました


最後のランチ
ここから倉持とアロンとカズは下山口でやることが多いのでトレイルランでマラングゲートまで行きます
今回は最高記録の45分で走ってきました、
楽しかったな〜


ひと足先に着いたら、子供たちがたくさん寄ってきて写真を撮らせて欲しいと
入れ替わり5回くらい!最後は先生達も!
日本人いなかったから、珍しかったようで。。
今回はガラガラで日本人ツアーに会わなかった!



アロンサーダーが帰りに家に招いてくれました
奥さんのソフイーが自慢でおばあちゃんも可愛かった!


マチュピチュと同じく絶品の焼きとうもろこし!!ほんに美味しかった!!











牛がつぶらな瞳で。。


畑で自給自足です


キリマンジャロビールは美味しいと大好評


ランチご馳走になりました










アロンサーダー、マーシーアシスタント、アランサブガイド


ショウコがあげたピンクのサンダル、おばあちゃん大喜び!


今度はマチャメルート来ようかな


タンザニアのマーケットにも寄りました


ホテルのレセプション、美人揃いですよ、髪型も素敵です


さあ、生サラダやアルコール、アイスクリーム解禁、山の中は鬼倉持でごめんなさい、
油断するとお腹壊すので、いつも厳しくしてます(笑)


ワインで肉、ビールでフライドポテトですね!


デザートはボケましたが、アイスクリーム。


朝食のビュッフエでは正装した方々が。聞いてみると大学の卒業式だそうだ、
こちらでは子育て終わったりすると、マスターなどの上の資格を得るために
大学で勉強するそうで、えらいですね。





満開のミモザに寄ってもらいました


今日はアンボセリ国立公園内にあるセレナロッジ
何も言うことがないくらいすべてに素晴らしいホテル、御褒美ですね
真ん前に動物がいっぱい、


ゲートにはマサイ族の売り子さんもたくさんいます





食後はテラスでコーヒー飲みながらゆったり過ごします







オブザベーションヒルからの眺め、湖にいっぱい水がありました、
ここ数日夜は雨が降り続いたので。



















エリックドライバーはサービス精神旺盛で、時間を延長しサフアリを3回楽しませてくれました



ハイエナ















夕食のビュッフエではビュッフエの他にスープやメインがつくので、残すと悪いので
半分しかオーダーしませんでしたが、それでも多かった!!












サフアリは像が目の前を通ったりで大騒ぎ!


キリマンジャロと像


カンムリツブリ


バッフアローは草に埋もれてしまうほど草が多く、水も豊富で幸せそう、、





夕陽は地平線に沈む。。








モーニングサフアリでも像が。


シマウマ。


サルと夕陽


買ったお土産の1部


インパラのハーレム、すっごいな〜





このお土産も綺麗な色だった!ショールもペンダントも素敵でしたよ、良いお土産買いましたね!


部屋もGood!


夕食後はフアイアーの前で生演奏。













ケニアはこのビールです





最終日のナイロビのレストランは10種類以上の丸焼き肉の数々、
サラダバーだけでもお腹いっぱいなのに、アフリカの人たちが大きいわけだ(笑)






パイナップルの丸焼き、これが絶品だった!!

長いフライト、厳しく、苦しい登頂日、御褒美の楽しいサフアリ
クルーに支えられ本当に一生の思い出になる11日間でしたね
また海外のお申込みもありがとうございました!

手配の古賀さん、いろいろありがとうございました!
【ライオンケニア】のメンバーにもお世話になりました

現地 アロンサーダー、ゼウスアシスタントガイド、アリバテイーコック、
ゴリウエイター、マンツーマンポーター(モコズイー、アラン、モーゼス)
ポーター(アブラハム、マイク、ビル、ジム)他クルー4名、


倉持同行海外ツアー
3月5日〜21日
ネパール、ロッジ泊で歩く、ゴーキョピーク(5360m)トレッキング

4月7日ー23日
台湾最高峰 玉山と雪山登頂

ブータンも多分4月

5月15日ー24日
モロッコ ツブカル山登頂とサハラ砂漠&世界遺産紀行10日間

ニュージーランドのミルフオードトラック&ルートバーン&マウントクックは14年の12月ころ同行予定

宜しくお願い致します!














キリマンジャロ登頂

  • 2013.02.09 Saturday
  • 02:45
 行ってきました!
25/1/24-2/4
雪のキリマンジャロ!!
7年ぶりの雪降りました







エミレーツ航空でドバイ経由です


すいていましたので、2席1人で使えるくらいでした
エアバス B-777-200


ナイロビのホテル前でまずはパチリ!


デザートの大きさに目をパチクリ







ブーゲンビリアはいろいろな色があって目を楽しませてくれます(#^.^#)




専用バス車中からはメルー山、ロンギド山、何といつも見えないキリマンジャロまで
見えましたよ。


ケニアでお世話になったジャクリーン&チャイスありがとう!


3日目はケニア〜タンザニアに入国します
途中大きなバオバオの木見に寄って頂きました


ホテルへ寄ってランチは美味しい中華料理でしたね☆彡
 
去年までは道路がデコボコでホコリでマスク持参していましたが、
驚くほど綺麗に整備されていました


マウンテンリゾート展望台からのキリマンジャロ(伊藤様提供)


4日目からはいよいよマラングゲートから歩きます
丁度下山してきたイギリス3人組と記念に写真撮りました☆彡


いましたいました、カメレオンボーイ、いつも1$写真代とられますよ(苦笑)


フアイアーボール、見事でした♫ 


やっとマンダラハットに到着しました
ポーターさん達、よろしくお願い致します

5日目はマンダラハット〜ホロンボハットまで登ります


朝食はお粥に野菜など、すべてボイルするか、蒸すか、熱湯かけるか、火を必ず
通して頂いたので最後までどなたもお腹こわしませんでした♬


とわ言ってもキイチゴは美味しかったので随分食べましたよ〜



プロテイア


マツムシソウはたくさん咲いています


デージーや


キリマンジャリと呼ばれるホウセンカの仲間






ハイビスカスなど様々の花が楽しませてくれます


ジャイアントセネシオの前で集合写真


仮装してる方もいましたよ!


シロクビカラス


 

ホロンボハットは今年はすいていましたので良いロッジに泊まれました
目の前にマウエンジ


ストレッチャーで運ばれて来た方今回は何名も目にしました、多かったですね。。。


ホロンボハットはこんな雰囲気です、今ではソーラーも増えました


夕陽綺麗でしたし南十字星も2晩見ました!


朝焼けのマウエンジ


朝焼けのキリマンジャロ


毎回コックさんたちと一緒に味噌汁や温野菜作りましたがこのパンプキンも
使いましたよ
面白い形でしょ?

明日はここで(3670m)高度順応しますのでゼブラロックまで行きます

続きはまた明日


昨日の続きです


6日目はゼブラロックまで高度順応日ですが生憎の曇空。。
ポーター達がたくさんついてきてくれたので楽しかったですよ。
帰りはなんとアラレ(n‘∀‘)η
パチンパチンカッパに当たりあっという間に道が白くなりました

急いでロッジに戻り温かいコーヒーで暖まりました


そしていつものガモウフバッグの講習会、皆さんとポーターさん
全員で確認しました


エバーラステイングフラワーの白は今日も美しかった(#^.^#)(写真は伊藤様提供)


ホロンボハットからの日の出(伊藤様提供)


7日目はいよいよキボハットへ(伊藤様提供)


雪のキリマンジャロ(須藤様提供)


前日のマウエンジ(須藤様提供)

アタック時間の3時間前すごい雷がどど〜ん、どど〜んと何回も。
そして大雨。。3時間遅かったらアタックは中止だった、、とガイドさん達と話していました
雷は1番危ないし大雨はただでさえ低い気温の中身体が冷え切ってしまう。
そのうち雪に変わり、1時間前にはかなり積もっていました。
大丈夫でしょう、風がなければ行けます

真夜中出発ですので丁度ギルマンズポイント頂上で日の出くらいです


ギルマンズポイント(伊藤様提供)が頂上ですので登頂できましたが、
雪がだいぶ積もっており風が強かった為、ウフルは現地のガイド達からNOが出ました。。


ギルマンズからの日の出(伊藤様提供)

まだまだ体力が残っていらっしゃる方が
数名、、ウフルまでは行けず申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。。
ごめんなさい

全員で下山、
下山もキボハットで昼食後、ホロンボハットまで下山するのでこの日は10時間以上の行動時間に
及びます、皆さん頑張りました


キボハットからのキリマンジャロ
こんなに美しい雪のキリマンジャロとマウエンジは初めて見ました
雪が降ったのにとても暖かかったですね


長い下山、しかも深い雪なので大変でしたね


やっとホロンボハットまで下りてきましたよ





ポーターさんたちの荷物まずは担いでみました









もっと担いでたよね?と口々に。。順番に担いでみてビックリ!
やっぱりポーターさんたちはすごいな〜


サブガイドのジョージとひと足先に走って下山、
倉持も登頂日もザイルからツエルト、医療品いろいろ持参していたのでビックリされましたよ
何があるかわからないので、用意にこしたことはありません。






今日からビール、サラダ解禁ですよ(#^.^#)



丁度バースデーのお客様がいらっしゃいましたので皆でお祝い!!
あとはサフアリで楽しみましょ!


アンボセリのセレナロッジは目の前がサフアリで雰囲気バツグン


部屋の前にはいつもすぐそばまでモンキーが来てますよ


カラフルなトカゲ




珍しいお土産も。


さあ、サフアリに繰り出しましょう


ヌー


カンムリツブリ(伊藤様提供)


キリマンジャロとシマウマ(伊藤様提供)


シマウマ




夕食はやはりビールやワインとターキーなどのビュッフエ

翌日の早朝もサフアリに連れて行って頂きましたよ




象が目の前を横断しました


亡くなった子象の周りを離れることなく悲しんでいました。。。


朝食


わお〜真ん前だあー(伊藤様提供)


オブザベーションヒルにも登りました


アンボセリ湖は水が豊富でしたので動物たちは喜んでいましたよ


キングフイッシャー





カバのあくび(伊藤様提供)




そして帰路はドバイでまた待ち時間はフリーチケットが手に入ったのでラウンジで機内食代わりに
美味しいサンドイッチやドリンク、ケーキなどのビュッフエでゆっくり過ごし長いフライトはワイン片手に
映画を見て無事帰国しました、

今回はお天気が快晴、曇、雨、あられ、雷、雪といった具合でかなり不安定でした・。。
しかし明るい皆さんの笑顔に助けられ、もう少し時間がズレていましたら中止になるところを登ることができて感謝致しております。

(アシスタント)、マーシー、ジャクリーン、ケン、サリー
(ドライバー)、アチャム、ダンカン、ワシバ、アンダーソン、チエンジ
(サーダー)、アロン。(サブガイド)、ジョージ、サイモン。
(コック)、カチチ、ハーバード。
(マンツーマン)、アブラハム、ゴリ、アルバート、マタユ。
(Pポーター)、ブラムソン、フレデイー。総勢32名の現地スタッフ本当にお世話になりました

旅の本棚【トラベルギャラリー】の皆様、お世話になりありがとうございました!

3月24日(大山千枚田)、3月31日と4月3日[三毳山)、4月7日と4月10日(長瀞アルプス〜
宝登山)、4月14日と4月17日(足利行道山)

4月3日〜10日、4月27日〜5月4日、5月13日〜20日
マチュピチュ遺跡とインカ道ハイキング、&ワイナピチュ
お申し込み受付しています

旅の本棚【トラベルギャラリー】のチラシ届いていない方お知らせ下さい

よろしくお願い致します!




キリマンジャロ11日目アンボセリ

  • 2012.02.12 Sunday
  • 16:53
 行ってきました!
キリマンジャロ登頂&アンボセリ  11日目   24/2/5
今日はいよいよアフリカ最後の日。。
アンボセリで引き続きサフアリの後、ナイロビの空港へ途中サフアリまたまたいっぱいの動物達に会えました☢




どっしり!
象牙の密猟は去年過去最高となりました、
やり方も監視をくくり抜けるため、悪質になってきています
許せませんね


イボイノシシも可愛いッ!
アミューズのしゃっちょうさんに似てるかも!(しつれいっ)


ダチョウも!八頭身で素晴らしいけど、脳みそは小さいかも!
オスは黒くて綺麗、雌は薄い茶色

最後にライオンも!!!!!2頭見ましたよ、


カンムリツブリ

名残惜しいですがさらばアフリカ!!!

12日間非常に充実したツアーでした
手配の古賀さん、細かいところまでよく行き届いた手配、
感謝しています、
この素晴らしいツアー1人でも多くの方に参加していただきたいと思いました


今回ご参加の9名の皆様
12日間和気合い合い、笑いの絶えない毎日をありがとうございました
同窓会できるといいですね、
至らない点ありましたが、ご協力感謝致しております、
またどこかでお会いしましょう!


少し後で登った高千穂T/Cのマチャメルートもテント泊ですが、
高山病になりにくいコースで現地では非常に人気があります
こちらも全員登頂しました!

今月出発のベテラン原口T/Cのご参加の皆様も楽しんで来てください


チーフガイド(フレデイー)
アシスタントガイド(ウイナー、ジャクソン、ジエームス、リチャード、)
ベンソン、グンタ、)
プライベートポーター、(キッシャッリー、エラステイー、
チーフコック、(イマ、ジョニ)
ウオッシャー、(ダリ、フレッド)
ウエイター(キレオ)他、総勢31名のスタッフ
現地のエミー、キャロル、井村さん、
ドライバーのジョマ、ジョン、フレッド、ザック、ジエンガ、ありがとうございました!!

T/C 倉持恵美子



キリマンジャロとアンボセリ10日目

  • 2012.02.12 Sunday
  • 01:55

 行ってきました!   キリマンジャロ&アンボセリ
24/2/4
       今日はアルーシャの街ともお別れ


ホテル前で、キャロルと一緒に。
皆さん、ゆっくり休みましたが、やはり
体重は随分減ってしまいました、、


ナマンガ国境では売り子さんがたくさん寄ってきます
アクセサリーなどはここが1番安いです





ロンギド山を見ながらアンボセリ国立公園へ向います
途中たくさんの動物が見れます


トムソンガゼル


象はアチコチに!道路も集団で水飲場まで移動していきます


 マサイ村にも寄りました


あっと今に火起こし

IMGP6329.jpg
子供たちは学校で勉強をしているので難しい計算もできます、



    アンボセリ国立公園内のホテルへ


 

ホテルは雰囲気最高で目の前に公園が広がっています

IMGP6467.jpg
プールもありました、夜はマサイ族が踊りにきましたよ


お猿さんもいたるところに出没します、





食事もビュッフエで美味しくワインもキリマンジャロビールも
美味しかったそうです
倉持は肉ばかり食べていましたが。。。




夕方からサフアリゲームに出かけました
雄アフリカゾウが遊んでいます


キリン


ライオン


シマウマ


みんな天上から顔を出して撮影しています


帰りは夕陽も綺麗☢

明日はいよいよナイロビまで戻り帰国の途へ。


zzzzzzzzzzzzzzz

キリマンジャロとアンボセリ9日目

  • 2012.02.11 Saturday
  • 16:57
行ってきました!    24/2/3

いよいよ今日はホロンボハットからマンダラハットへ下り、そこからまた
マラングゲートまで下ります

キリマン見える
さよなら、キリマンジャロ、

キリマン
さようなら、マウエンジ峰

それぞれ
いよいよ出発です

下山
さようなら、ホロンボハット、最初の下りですが、この日も快晴


ジャイアントセネシオも我々の目を楽しませてくれました





いろいろな花々もありがとう!




マンダラハットまでも3時間半ほど、疲れがたまっているんで休みながら無理はしません




途中ストレッチャーで運ばれたトレッカーも。。。。ストレッチャーはめちゃくちゃ
重いです。。4〜6名いないと運べません、すごい勢いで走って下ります。標高が高いだけにいろいろなことがあります、最後まで気を引き締めて
行きましょう


マラングゲートでチーフガイドのフレデイーと倉持はやることが多いので
先に2人で走って下りました、3時間かかるところ1時間で、休みなく
トレイルラン楽しかったですよ


ゲートでのフレデイー、荷物が大きかったので走ったのは
大変だったでしょう
お陰様でゆっくり皆さんを待つことができました、


安いTシャツ屋さんを発見、皆さんの到着時間を伝えて来ていただきました
安くて質も良い


いよいよお世話になたガイドさん、ポーターさん、コックさんたちとも
お別れです。。


最後はキリマンジャロの歌をみんなで歌って踊ってお別れです
本当に力になってくれてありがとう
サポートがあったので私たちは苦しくても楽しく全員登ることができました
感謝しています!!

これからアルーシャのホテルに戻り6日ぶりにお風呂に入ります(笑)
夕食はピザ、倉持に合わせて注文したのでちょっと多すぎましたね。。

ZZZZZZZ





キリマンジャロとアンボセリ8日目

  • 2012.02.10 Friday
  • 16:59
 行ってきました!    キリマンジャロ登頂  8日目 
24/2/2

お粥を食べ、たっぷり紅茶やコーヒー、ミルクを飲んでギボハットを0:00出発!
いざ、エイエイオー!という気分だ

真っ暗な中を1歩1歩ポレポレで急登を進む
みんな着込んでいて暑いくらいなので、すぐ衣服調整で1枚脱いだ
丁度良くなった
暗いので勿論写真はない

ギルマンズポイントに6:00前に到着したので
写真は帰りにしてウフルピークを目指す

満天の★で天の川を手でつかめそうです
月明かりで思ったほど暗くはなかった
サポーターさん達、ザック頼みますよ
ちなみにT/Cは自分で持つのですよ。ポ^ーターなしなので。

IMGP6127.jpg
途中で夜が明けたマウエンジがかすかに見えて素晴らしい!

ウフル
ウフルピーク、氷河が素晴らしい(途中、ステラからでも受分見られます)
このステラからが結構長くて正念場です、体調や時間見てギルマンズポイントやステラポイント
から引き返す勇気も必要です、
あまり長くは滞在できません。。

ギルマンズ
ギルマンズポイント
ウフルピーク登頂後の帰りに撮りました
眩しくて全然画面やレンズが見えませんでした。

氷河
下山も眩しくてサングラスをしていても登ってくるトレッカーの顔がよく見えないが氷河や
山々が素敵だ


両側をポーターに抱えられて下ってくるトレッカーがたくさんいました

下り
下りも急ぐと高山病がひどくなります,

それぞれ
無事ギボハットに下山しランチを食べ、ここでゆっくりすると高山病がひどくなるので即下山
ホっとしました

IMGP6149.jpg
ホロンボハットまで一気に下りてきました
みんなよく頑張りました!!
この笑顔ですね
達成感は疲労感全部を払いのけてくれます

明日はマラングゲートまで下り、アリューシャのホテルに戻ります


続きはまた!  小刻みですみません、明日は特配新浦安Gで
又々石射太郎〜高宕山行ってきます!


T/C倉持恵美子


キリマンジャロとアンボセリ7日目

  • 2012.02.09 Thursday
  • 17:00
行ってきました!     キリマンジャロ登頂7日目  24/2/1
 今日はいよいよ4610mのキボハットまで 9,6k
そこで仮眠し真夜中0:00に頂上アタックのなが〜い1日が始まります


ラストウオーターの水はあまり良くなかったので手前で水は調達した


真ん前ホロンボハットを出発  真前にキリマンジャロがど〜んと見えます


キリマンこちらもはマウエンジ、登ってみたい山ですが、岩がもろくて誰も登れません。。

エラステイング
エバーラステイングフラワーがアチコチに。

蝶と花
蝶もたっくさん、気持ちよさそうに飛び回っています

蝶々
こっちにも!


さあ、どんどん標高が上がっていきます
これだ
景色もどんどんすごくなっていきます

キボハットではあまり動かないようにパッキングは前もってホロンボハットで
分けておきます
今までずっとお粥を作って頂き胃に負担を少なくしてきました、
アタック日もお粥です






calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

☆彡占い

メール

時計

天気


-天気予報コム-

トピックス

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM