ゴールデンウイークのジャガランダとシャクナゲのブータン

  • 2020.02.10 Monday
  • 10:00

GWの5月1日(金)-6日(水)

幸せ度ナンバー1の国 ブータンに行きます、

この時期はジャガランタとシャクナゲが満開のベストシーズンです!

 

リトルブッダのロケ地・パロゾン

仏教施設パロゾン

 

 

仏画も写真OK!

ドウゲゾン

勿論タクツアン僧院までのハイキングも行きますよ

 

崖の上のタクツアン僧院

大展望!

テインプーの街並み

 

のどかだな〜

トチュラ峠からのヒマラヤ展望

 


 

ブータンの子供達は屈託ないです♪

シャクナゲも満開!大きいですよ〜

 

 


現代の若者 だんだん変わって来ました

学生たち

ジャカランタの中の僧侶たち

小さなころからちゃんとゴ着てます

4月下旬からジャカランタ咲き始め

 この頃は満開!

 

タクツアン

 国立博物館

プナカ ゾンとジャカランタ

 ヒマラヤ展望

テインプーにあるメモリアルチョウテン ここはチョモラリ山(7316m)の展望台です

 

部屋も綺麗で食事も美味しいです

 

サクラソウも!

 

 

テンプーの街

 


 

 

 

ハルウコン

素晴らしい壁画も写真OK

 

竹ひご細工も盛んです

竹ひご

ブータンの弓道

 

 

シャクナゲの木はとても大きく、ネパールのようにピンクだったり赤だったり白だったり。

GW5月1日ー6日是非ご一緒しませんか?

 

 

 

 

ブータンヒマラヤ大展望ハイキング4、5日目

  • 2012.05.10 Thursday
  • 16:30
行ってきました!
   
ブータンヒマラヤ展望ハイキング
 4日目はいよいよ
≪虎のねぐら≫と呼ばれている、パドマサンバヴァ
(ブータンに仏教を広めた)が
虎の背中に乗って飛んできて瞑想していたと伝えられている
聖地のタクツアン僧院です!
そのパドマサンバヴァ(グル・リンポチェ)が瞑想したと
伝えられています


登山口


露店も数件出ていました


今日もいっぱいいるワン!


親子連れも年配の方もさまざまな国の観光客も
頑張って登ります


馬に乗る人もいましたよ 


わあ、たくさんの馬が下りてきましたよ



シャクナゲの林の中です


トウダイグサ



見えました!あそこまで行けるのかな〜?


階段が続き、途中滝もあります
ゲートでチエックが」ありカメラは持ち込めません。。
中にはサンババや八変化相の像などがありました、


途中のカフエテリアでのランチはバイキングでしたが
味噌汁や海苔、梅茶など持参したので日本の
雰囲気も!


無事皆さん下山、やったー!


国会議事堂やワンチュクさんが住んでいます御所なども見学できました


民家訪問では標準的なお家に伺うことができました


台所や仏間を案内して頂いたり、お客様を泊めたりする
部屋、ご主人が新婚の時に奥様にプレゼントした洋服や羽織り物など
大事に飾ってあるのを見せて下さりました

大家族で住んでおり、この紐は強風で屋根が飛ばない様に
つないでいるそうです


居間で自家製のアラ(焼酎)を
ご馳走してくださったりしました、この焼酎は甘酒のように
飲みやすく大変強く数名酔っぱらってしまいましたよ(笑)


下山後は民家にお邪魔してバター茶や
米菓子(上質のお米をバターで炒ったお菓子)ご馳走になり美味しかったので
お土産に皆さん、何袋も分けて頂きました!


最後のブータンのホテルは展望もよくパロゾンの夜景や
博物館がライトアップされていて美しかったです!


ホテルのバイキング、アスパラがどこへ行っても美味しかった!!

外人さんたちは皆でフラフープしてました、
倉持も大好きなので時間があったらやりたかったのですが
もう空港へ向かわなければなりません。。



パロ空港の売店は数件あり充実していますので
お土産は最終日で大丈夫です


ブータンのお札です(100円が66ヌルタムでした)

5日目はバンコク経由で帰国しました


機内のビール



機内でベジタリアンメニュー注文してみました
時々、いろいろ苦手な方がいらっしゃるので一応オーダーすることに
しています、


バンコクではお寿司も食べましたが、タイ米じゃなくて良かった
良かった。。(笑)


朝食の機内食はコンチネンタル


標高の高い場所でのハイキング、ゆっくり歩くことができました
飛行機がとれず、少人数にもかかわらず、楽しく過ごせましたこと
感謝いたしております

本当に幸せの国でしたね!、

手配の古賀さん、ブータンはいろいろ手配が大変ですが
おかげさまで楽しかったです

ありがとうございました!





ブータンヒマラヤ大展望ハイキング3日目

  • 2012.05.09 Wednesday
  • 16:33
行ってきました!

ブータンヒマラヤ展望ハイキング
2日目(5月11日)は尼寺(キラゴンパ)まで
ハイキングです
今日も快晴、毎日快晴でした!


登山口はすでに3990mなので水分を朝から積極的に
たくさん飲んで、深呼吸です
ビスターリ、ゆっくりハイキングです


経文が書かれているタルチョがたっくさん!

チョモラリ&ジュチュダケが遠〜くに。


キラゴンパまでは観光コースではないので、誰もいません、
すいていて静かな山歩きでいろいろなお花の中を楽しく歩けて
最高でした、
ジエリーガイドが若くてペースが速かったので倉持が
トップやらせて頂きました




キラゴンパ(尼寺)下から見るとこんなです
40名くらいの尼さん達が修行しています


キラゴンパの修行中のキュートな尼さんたち。

標高の高い場所でのハイキング皆さんニコニコ余裕でしたね!



イエローラリーグラス


ゲンテイアナの種類
primula griffithii

今年は遅かったのでちょうどシャクナゲも満開、
サクラソウも満開でしたね

白いシャクナゲ


シロバナヘビイチゴも日本と同じですね



イチゲ


棚田の前でジエリーガイド&パサンドライバー
やはり2人共、この衣装で山を登りました。。


男性のゴの衣装は生地がしっかりしていて、テュゴの袖を折り返す
長さやゴの丈は身分に比例するということになってます


女性はキラという衣装ですが、、自分だけのキラを織ったり、、


仕立て屋に頼んだりしています
最近はハーフキラも流行りですね!


棚田は本当にビューポイントです


下山後は首都テインプーへ行き、メモリアルチョルテン

仏教史上重要な
聖地というわけではないが、朝から晩まで
周囲を回る信者たちは絶えることはない
内部の写真撮影は禁止です


ゾンなどの中に入る前は
正装が必要です、その時は≪カムニ≫という
白い布を肩にかけます
こうやって、こう。。と巻き方をジエリーガイドが見せてくれました


野菜マーケットも行きましたが、オレンジは
大変あま〜く美味しかったです


ホテルでは勿論ブータンビールですね!



龍王の国ブータン

  • 2012.05.08 Tuesday
  • 16:37
 行ってきました!    
   ≪ ブータンヒマラヤ展望ハイキングと
伝統文化に触れる 6日間≫

ブータンが王国になったのは100年ほど前で
去年ワンチュク夫妻訪日で皆さんにもお馴染みです


Royal Bhutan Airlinesの機内食


ゆったりした座席のAir Bus A-319


そして飛行機からの朝焼け


パロ飛行場のタラップを降りるとお馴染みの写真!


パロの街(2300m)の景色
パロはヒマラヤに抱かれた神秘のシャングリラ!!




時間が早いのでまずドウンツエ、ラカンに先に行きました、1421
チベット人の高僧タントン、ギャルポが鉄鉱石を求めてやってきて
8つの哲鎖の吊り橋を建設したという説明がありました、
回廊は暗かったですが独特のデザインでしたね
特別許可がない限りは拝観は難しいですが入れました


早速ブータン式のお祈りの仕方を教えて頂きずっとお祈りできました、

ここでジエリーガイドに聞きましたが、お墓はなくて骨と土を混ぜて
ツアツアを作り他は川に流すそうです



国立博物館(タ・ゾン)地震のためつい最近まで閉館していましたが
今回は事務所内に展示物は移されていましたので大丈夫でした、
ラッキー!

タ・ゾン(国立博物館)はパロ・ゾンの背後の山の斜面に建っていて
パロ谷のビューポイントでしたね





18Cの壁画が素晴らしかったですね

スイカズラがいっぱい


可愛いワンコロ達もコロコロアチコチで遊んだり
寝転んでいたりいあやあ〜幸せそうです^。^*


ランチはヘルシーブータン料理(日本人向けに
食べやすく辛くありません)
痩せちゃいそうです。。。


ハリエンジュ



そしてブータン最大級のパロ、ゾン
ゾンに向かう道はどこも屋根付きの橋を渡ります
入り口と出口にマニ車があり皆回していきます

ゾンとは城、寺、県庁を兼ねた建物で≪リトルブッダ≫の
ロケ地にもなりました
石畳の中庭には天守閣のようなウツエなど。。



17Cにブータンを統一した
シャブドゥン・ンガワン・ナムゲルが全国を統一
するために
戦略的、政治的拠点として各地に整備した
城塞だそうです。
現在も各地のゾンは多くて1000人の僧侶が暮らす
大寺院であると同時にパロ・ゾンは
県庁でもありましたね、
ゾンはブータンの方にとっては寺、住宅、炊事場
、集会場が一緒になった雑居ビルのような物なんですね、



ブータンのシンボル龍!

そしてキチュラカン
ここはチベットを統一した王が魔女の力を封じるために
108のツボにあたる場所に寺院を建てたがそのひとつで最初に建てtられた
寺院です
中の床は珊瑚やトルコ石がはめ込まれてすご〜く
綺麗でしたよ!




ブータン式のお祈りはいたるところで見られます、
我々も毎回させて頂きましたよ
バター油を燃やしているので火事が多いです。。


ホテルからの景色はバツグン!
朝ヤツガシラをお客様が見つけました
かわいい鳥ですが写真は後でアップできると思います


ヤツガシラの写真送って頂きました!
(写真提供、安部さま、ありがとうございます!)

スタッフも皆さん親切でした
なんとポーターは女性で力持ち
給仕が男性で優しかったです


明日はキラコンパ(尼寺)まで3900m前後のトレッキングです


ジエリーガイド、パサンドライバー、倉持T/C





ブータンへのお誘い

  • 2012.01.06 Friday
  • 18:56
さあ、いよいよ今年も残すところ1日となりました
今年の山は皆様にとっては思い出深い山になりましたでしょうか?

快晴に恵まれ素晴らしかった山、
雨や強風で辛かった山
暑さに苦しんだ山
寒さに震えた山
行く前に中止になってしまった山などなど様々な顔を
見せてくれる偉大な山々
でも下山すると次はどこに行こうかな??(笑)
今年もいろいろとお世話になりありがとうございました!

来年もよろしくお願い致します

来年お薦めするツアーです

<ブータンヒマラヤ展望ハイキングと伝統文化に触れる6日間>国旗
ブータンの国旗です
24年は辰年
龍ですね、縁起が良いです✿


場所はここです
日本から近いですね


4月〜5月はシャクナゲが素晴らしいです


マッデニーとか

スコッテイー
スコッテイーや


キンナバリマムや

ビルガチム
ビイルガトウムなど赤、黄色、白、紫など種類も様々で美しい


p
itarutokorohe
ジャカランタも。

タクツイン
特に名刹タクツイン僧院展望ハイキングはアミューズならではの
ハイキング♥


「虎の巣」とも呼ばれチベットから来た偉いお坊さんが建てた
ブータン第一の聖地です
丘の上には数十本の経文を印刷したダルシーと呼ばれるのぼり旗があります


展望が素晴らしい♥


食事は赤米や白米


ショクジ
写真と違う時もあります

衣装
ブータンの民俗文化にも触れます


子供たちが民族衣装で学校に通う姿もあまりにも有名になってしまいました。。
ほとんどの国民が幸せと答えることは有名になりましたが、
その素晴らしさが壊れないように念じながら訪れたいと思います

24/4/10-15( 福岡の江藤同行)
24/5/9-14 (東京の倉持同行)

24/5/23-6/1  個人で旅する旅「ドイツライン川トレイル84k」
もよろしくお願い致します

アミューズトラベル東京  ツアーリーダー倉持記



ブータンへ!

  • 2011.12.18 Sunday
  • 19:22
さあ、いよいよ今年も残すところ1日となりました
今年の山は皆様にとっては思い出深い山になりましたでしょうか?

快晴に恵まれ素晴らしかった山、
雨や強風で辛かった山
暑さに苦しんだ山
寒さに震えた山
行く前に中止になってしまった山などなど様々な顔を
見せてくれる偉大な山々
でも下山すると次はどこに行こうかな??(笑)
今年もいろいろとお世話になりありがとうございました!

来年もよろしくお願い致します

来年お薦めするツアーです

<ブータンヒマラヤ展望ハイキングと伝統文化に触れる6日間>国旗
ブータンの国旗です
24年は辰年
龍ですね、縁起が良いです✿


場所はここです
日本から近いですね


4月〜5月はシャクナゲが素晴らしいです


マッデニーとか

スコッテイー
スコッテイーや


キンナバリマムや

ビルガチム
ビイルガトウムなど赤、黄色、白、紫など種類も様々で美しい


p
itarutokorohe
ジャカランタも。

タクツイン
特に名刹タクツイン僧院展望ハイキングはアミューズならではの
ハイキング♥


「虎の巣」とも呼ばれチベットから来た偉いお坊さんが建てた
ブータン第一の聖地です
丘の上には数十本の経文を印刷したダルシーと呼ばれるのぼり旗があります


展望が素晴らしい♥


食事は赤米や白米


ショクジ
写真と違う時もあります

衣装
ブータンの民俗文化にも触れます


子供たちが民族衣装で学校に通う姿もあまりにも有名になってしまいました。。
ほとんどの国民が幸せと答えることは有名になりましたが、
その素晴らしさが壊れないように念じながら訪れたいと思います

24/4/10-15( 福岡の江藤同行)
24/5/9-14 (東京の倉持同行)

24/5/23-6/1  個人で旅する旅「ドイツライン川トレイル84k」
もよろしくお願い致します

アミューズトラベル東京  ツアーリーダー倉持記



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

☆彡占い

メール

時計

天気


-天気予報コム-

トピックス

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM