対馬、壱岐の島、3日目

  • 2020.03.22 Sunday
  • 17:37

今日は壱岐の島の観光です、冨永バスガイドさん付きで、目良ドライバーさん、共にすごく良くして頂いて

4月もリクエストしたいです❣コメントは後ほど

対馬も壱岐も全員がシングルルームで気兼ねせず良かったですね、ただ大浴場はなく内風呂だけです、

朝食も美味しく頂きました

水仙真っ盛り♪

 

壱岐は山がありませんが213mの岳の辻

ちゃんと2等三角点があるのですよ。

山桜咲いていました🌸

バスもすごい広告塔、インパクトありましたねえー

大きく見えますが実際は小さいのですよ

 

 

 

ちとボケてしまったさあ。。

黒玄武岩、珍しい光景でした

白瀚が綺麗でしたよ

ゴリラ岩

この角度だと目と鼻、口がくっきりと!笑っているようにも見える

富永バスガイドさん、オンデゴ

途中のチューリップ畑、止まってくれました、桜と菜の花満開になればきれいでしょうね

黒崎砲台跡です、すごく頑丈に造られていてアメリカ軍が破壊しようとしたがびくともしなかったとか、

結局は使わなかったですけど。

 

 

お猿さんの後姿

 

ミヤマシキミ

カンスゲ

この角度だとお猿には見えない??

海岸線が本当に美しかった!!

かっこいいカメラマンがいました!

 

 

 

後ろもド派手でしたあ

反対側も!

行程には入っていませんでしたが、皆さんが観光テキパキと回ってくれたので

バスガイドさんが見つけて交渉してくださいました

壱岐は焼酎発祥の地です

焼酎のできる過程などわかりやすく説明して下さり良かったですね♪

試飲もこんなにいいのかしらとうくらい出してくださいました

壱岐の焼酎みなさんたくさん買って下さったので休日の中わざわざオープンしてくださったので

ホットしました

これ売れてましたねー、送っていましたよ、いやいや島から送ると高いので福岡空港から送ってました

原の辻―支国王都復元公園 古墳です、

高床式 土壁ですね 丘の上に黒川紀章が設計の博物館が見えました、次回行ってみたいなー

 

 

市内観光もここで終わり、目良ドライバーさん、富永バスガイドさん大変お世話になりました!

はらほげ地蔵 波に削られてだんだん小さくなってきてしまいました、満潮の時は水の中に

入ってしまいます、赤い帽子は海女が作ってくれたそうです、

エプロンは病気や腹痛が治ったお礼に作ってくれたそうです

 

 

L

今日の昼食です、うにめしと行程表にはありましたがうにの炊き込みご飯でした、ウニは5月

解禁ですものね、サザエやアオサのお吸い物、お刺身美味しかったです、

 

 

満潮だと渡れないのですが丁度予定の干潮より1時間早く渡れたので鳥居まで行ってみました

今日は曇っていますが 晴れたら素晴らしい景色だろうなあ

行程にはないし時間もないのでここまでですよ

 

ガイドだけは下見もあるので上まで行ったのですが。。

 

 

 三日間快晴に恵まれた楽しい山旅でした

手配の佐々木さん、蛭田さんお世話になりました❗

高野秀幸ガイド 田中ドライバー、冨永バスガイド、倉持T/C

対馬.白嶽と有明山&壱岐.島めぐり2日目

  • 2020.03.21 Saturday
  • 22:06

2日目は霊峰白嶽は九州100名山で原生林からいくつもの岩峰が突き出し山頂からはたくさんの島々、浅茅湾(あそうわん)リアス式海岸、有明山も見えましたよ、韓国までは無理でした

  朝食はバイキング

 今日は風もなく最高のコンディションだね

  対馬は標識、親切です

 最初は樹林帯です

  ツブカル大変だったからストック

  買ったのよ

 神社から急登ですがスタンスはっきりで

 登りやすい


 ここから岩場です

 岩場はこうやってね、登るんですよ

 神社から急登、岩場です



  面白いコ-ス、いよいよ山頂へ

 半分ずつ山頂へ、各自の写真撮りましたね

 反対側、ピストンにして良かった、

 足長い方がそりゃあ楽だよねえ

  山頂でゆっくりできました

 浅茅湾のリアス式海岸が綺麗

 お尻着くのが1番安心、その通り❗怖かったら尻セイド

 登りより問題は下りですよねえ

 お弁当、たくさんで美味しい

 テラスも良いなあ

  登頂したのは左ですよ🤜

 テラスから上を見上げると山頂が。

  テラスでパチリ、青空、快晴に感謝

  ドライバーさんが止まってくれました

  こんな奥で見られるなんて❗

  ほとんど満開

  そばで見ると❣

  観光センター前で止まってもらいお買い物、

  お土産はやはり芋焼酎のようです

  到着です^_^

  対馬から壱岐の島まではフェリーで2時間

  割烹 太郎で夕食

  白嶽素晴らしかったね

  カンパチ、タイ、プリプリ

  女将さんがご挨拶に見えましたよ

  壱岐の島のアスパラは日本一になったことがあります

  ミニトマトもお寿司も絶品🍣でも

  皆さん、お腹一杯

  ご主人お世話さまでした❣

  ニャンニャンニャンコ、本物!❓❓

明日は壱岐の島島巡りです、



対馬・白嶽と有明山&壱岐・島めぐり初日

  • 2020.03.18 Wednesday
  • 10:51

行ってきました!

対馬・壱岐

2020/03/20

1人前日キャンセルあっただけで17名お元気に参加して頂きました❣昨日は強風で船も遅れ白嶽登山も大変だだそうです、危ない危ない

  飛行機遅れギリギリ港へ、

  ジェットホイール、ほぼ満席です

途中止まった壱岐の島では半分以上下船しました、ここから1時間です、今日は到着後すぐ有明山に登るので荷物の仕分けは予めお願いしました、昼食も船内で。港そばにファミマがあります

  対馬に到着、有明山は対馬のランドマーク、真前にど―んと見えます

   いました、いました、可愛いワンコ💕

   下山した時閉まっているので今

 お土産買ってホテルまで届けて頂くことにしました、感謝感謝

   登山口の八幡神社までは⛩すぐです

 有明山は整備された歩きやすい道です 

  わかりやすい標識

  往路は二ノ丸、復路は三ノ丸歩きたいなあ

  なだらかな階段になりましたよ、

  清水山城は豊臣秀吉が朝鮮出兵の時に

建てた城跡です

 快晴に恵まれて暑いくらいかと思ったけれど風が気持ちよく登山日和

 


  隠蓑

  山頂は草原でパノラマ

  我々だけです、来年のカタログに載るかな

 明日登る白嶽、バッチリ


 八戸なかちゃん





  小山さんからの差し入れ、美味しいんだわ

   ゲンカイツツジ

   三ノ丸コ-ス

  コ-スも山らしく景色も良い、少し遠回りなので4月も様子見てこちらに回りたいですね、雨だと無理かな


  八戸仲良し3人組








  雪柳、早いっ❣

  こんな坂の上に駐車場

 下山後、八幡神社で⛩お参り、明日無事に

白嶽登頂できますよに!


  豊臣秀吉の桐の紋

 

  夕食は食べきらないほど

  石焼き用








ガイドは高野ガイドでしたが以前ご案内して頂いた二上ガイドの説明文です↓

◎対馬の魅力

 

対馬の歴史は古く、魏志倭人伝に初出し、古事記でも本州や九州とならぶ重要な「大八島国」のひとつとして描かれています。対馬の山々には、国境の島の特異な歴史が刻まれてきました。

 「金田城跡」(城山)は、唐・新羅の連合軍と大和朝廷が朝鮮半島西岸で戦った「白村江の戦い」後の667 年に築かれた古代山城で、国の特別史跡に指定されています。城山・千俵蒔山などには防人と烽火台が配置され、水平線の彼方の異国を睨み続けていました。

 

 対馬は島土の89%を山地が占めており、山岳崇拝の聖地として立入りや樹木の伐採が禁じられた原生林が多く存在しています。特に白嶽は対馬を代表する霊峰であり、病の平癒や出征した家族の無事を祈って「願掛け」のために登られるなど、特別の崇敬を受けていました。

 

信仰によって守られてきた原生林は、ツシマヤマネコなどの貴重な動植物の生息地となり、「白嶽」は大陸系植物と日本系植物の混生により、「龍良山」は極めて自然度の高い照葉樹林として、それぞれ国の天然記念物に指定されています。

 

対馬の地質の多くは、海底で形成された堆積岩(対州層群)ですが、御岳の一部には玄武岩が、城山と白嶽には石英斑岩が露出しており、有明山や龍良山は熱変成作用を受けたホルンフェルス帯の一部であり、地質の面でもそれぞれが個性をもっています。対馬の山岳には固有の自然と歴史が刻まれており、登山者の興味に応じて、また季節により四季おりおりの多様性に満ちた表情を見せてくれるのです。

 

対馬は周りを海に囲まれており新鮮な魚介・海鮮料理は、まさに絶品!

 

・洲藻白嶽(すもしらたけ)標高519

 白嶽(しらたけ)は古来より霊山として崇められた対馬のシンボル的存在。大陸系植

物と日本系植物が混生する独自の生態系をもつ原生林として、国の天然記念物に指定

されています。春・秋には大陸系植物が開花し、山頂からは360度の眺望が広がり圧巻です。

 

ミヤマキリシマ咲く九重 三俣山・平治岳・万年山

  • 2020.03.13 Friday
  • 20:45

皆様、いろいろ大変な状況ですがお元気でしょうか?

生活もいろいろ多種多様な状況に合わせて頑張っておられると思います、

また石川県での震度5は大丈夫だったでしょうか?

早く終息してもらいたいものです

 

2020/06/02{火)-04(木)

ミヤマキリシマ満開の九重 三俣山・平治岳・万年山の御誘いです、

同行予定の二上ガイドからの写真提供です

三俣山山頂は三つに分かれていてどこから見ても登りたくなる山です。

平治岳(ひじだけ)のミヤマキリシマ満開の景色はあまりにも有名です

万年山はハネヤマとも呼ばれる九州では有名な名低山です

倉持も個人で行きましたが素晴らしかったです

 

 

 

 

三俣山山頂

平治岳から坊がつると久住連山

平治岳山頂

平治岳山頂から三俣山

平治岳北峰への登り

 

二上ガイド 写真提供ありがとうございます、

 

 

安達太良山(1700m)とくろがね小屋

  • 2020.03.12 Thursday
  • 19:00

 

くろがね小屋に泊まって安達太良山山頂へ

 

29/3/25-26の記録です、今年は3月28ー29で同じ時期です、ご一緒しませんか?

雪山は別世界です, 石原ガイド同行です,→10名で催行予定になりましたので宜しくお願い致します!

前回は↓

初日の25日は暖かく、無風、快晴、しかし雪はこの時期には考えられないくらい多い、

トレースもついていて歩きやすいのでアイゼン使わずツボ足でくろがね小屋まで行けました

いざ出発、雪が多いけどスノシュー使うほどではない、ツボ足で行こう

可愛い(^_-)-☆

今日は快晴、無風、ラッキーだが明日は昼過ぎから悪天候なので出発は50分早めよう

キックしながら

我々だけの静かな登り

暑いくらいね、でも綺麗だわあ

この雪の深さ!明日午後からの雪が心配だ

スキーヤーやスノーボーダーも。

雪山は天国か地獄、今日は天国

矢筈森方面も美しい

やっとくろがね小屋見えました〜

自然の美

小屋はあまりの雪に埋もれていました・・

1階部分は隠れています、2階のドアも雪で開かなかったです

人数制限してるのでキツキツになることは絶対ありません、個室でゆったりです

温泉も最高で窓を開けて入ったので露天風呂のようでした、

某ツアーもきていてくろがね小屋に泊まるのが目的で明日は下山するそうです

夕食はカレーです、時間があったので鍋も作り、山談義に花が咲きました

明日は午後から天気が崩れるので50分出発早め早めに下山が正解です、天候は急変するので

雪崩も心配です

朝食も美味しく頂きました

朝からアイゼンです、流石皆さん早かった!若者たちもワクワク、風なければいいな

防寒具は完璧

私たちの前には2人の登山者だけ。

霧氷が本当に美しい♪

 

風の通り道はあまりの強風の精で岩が露出しています

でも雪道は続く、歩きやすく楽しい

強風が伺われます、今日は無風♪

いざ山頂へ、安達太良山は名物の強風の中登頂率はあまりよくないけれど3月は安定しているはず

 

何かすごく楽チン

岩も全て隠れていた

デポして5分でアッと今に山頂へ

誰もいない静かな登頂、ヤッター!(^^)!美人ばかりなのに顔がわからなくて残念(・_・;)

 

 

写真を撮りながらゆっくり下山

 

 

いやあ、静かだ

 

 

 

下りも問題なくささっと歩けました

 

 

皆さん、雪山経験者でしたので上手でした、♪

倉持のお気に入りの温泉「空の庭リゾート」に入り、名物味噌カツ定食

小林さんの写真から↓

鍋しましたよ

 

 綺麗ですね!

 

その後、すぐ佐野ラーメン・・こんなことしてるので糖尿病予備軍なんて健康診断ででてしまうんですよねえ、

今回ご参加の方々、ありがとうございました、

 

峯岸栄ガイド  一本木ドライバー  倉持恵美子T/C

手配の蛭田さん、ありがとうございました、 くろがね小屋のスタッフの皆さま、お世話になりました!

 

 

アラスカ ダルトンハイウエイ解説

  • 2020.03.06 Friday
  • 09:30

2月28日にアラスカから帰国しましたが、兵藤さんの写真に追加分アップしました、

写真を見ながらあらためて、北極圏を越えて北極圏の村コールドフットに2泊、

ダルトンハイウエイを北上しブルックス山脈エリア、北極海へ続く道、最高所アテイガンパスまで行けたことは、貴重な体験で快晴にも恵まれ生涯忘れ得ない体験ができました、初企画でいろいろ変更などもありましたがそれでも参加して頂いたお客さまには感謝です、

初日は特にシアトルで7時間にも及ぶトランジット、ホテル着後1時間くらいでオーロラ鑑賞へ、全て地元のツアーに参加ということもあり説明は全てネイテイブの英語、デナリ山は見えましたが遥か遠くということもありましたが犬ぞり、楽しい鉄道の旅アラスカ鉄道(ランチ付き)なによりダルトンハイウエイで北極圏を越えユーコン川を越え、オーロラ(実際3日のうち初日はちょっと、2日目はダメ、3日目にオプションで参加した(89US$)ワイズマン村でのオーロラ鑑賞、素晴らしかったです

【ダルトンハイウエイ】この時期はトラック野郎だけでコールドフット村は人口14名ですが静かでストレスフリーでした、

ツアーに参加したので英語だったので参加なさったお客様用に作成した補足分です

【ダルトンハイウエイ】ウエスガイド兼ドライバーが話していた概要です

  • ようこそ、過酷なドライブルートへ。このハイウェイはアラスカ・パイプラインの作業道で(パイプはなんと日本製)北極海の原油をフェアバンクスに運ぶためのアラスカパイプの建設のために造られた道です。極寒の中でも原油が凍らないように、丘をジグザグに登っています。5月、6月には雷などの自然火災で何箇所か木がない場所があります。1995年に一般開放されたハイウェイで、信号はなく舗装もガードレールも街路灯もガススタンドもホテルもレストランもほとんどないしルートの大部分が北極圏にあり、通年霧や雪で視界が妨げられます、夏は陽が沈まず冬は陽が出ない。米国史上最寒のマイナス62℃はここで記録された。道は、1年のうち8カ月は雪に覆われ(=凍結)、短い夏は乾けば土と石のほこりがたち、雨の時はぬかるむ。タイヤが石を踏み抜いてパンクすることがしょっちゅうある。雪崩、洪水、山火事は年中行事で、道路工事、通行止めが頻繁にある。携帯電話もGPSも使えない。車の故障、ガス欠、スタック、パンク、脱輪…、一瞬にして、ぼう漠たる地の果てで途方にくれることが起こる道である、ちなみに、名前の由来となったジェームズ・W・ダルトンという人物は、アラスカ生まれのエンジニア・技術コンサルタントで、アラスカにおける初期の石油探査で大きな役割をはたした人物です、北極線(北緯66度33分線)を越えて北極圏へ入り、陸路で北極海まで達する、アメリカ合衆国内で唯一の道路だ。つまり、終点のプルドーベイは、合衆国内において陸路で到達可能な最北端である。合衆国内の地理上の最北の街はバローだが、そこには道路も鉄道もつうじておらず、飛行機でしかゆくことができない。行程の大部分は未舗装路。今回は全長800kmのうち半分の400劼飽銘屬垢襯魁璽襯疋侫奪箸泙任領垢任后途中2時間から2時間半おきにトイレ休憩をとり、途中ですれ違いを無線で連絡しながら止まります、写真など撮りにくれぐれも道路に出ないように!途中の唯一の中華レストランで昼食タイムとります、売店でお土産も買えます、帰りにセスナで帰る方は帰りは重量制限9kgの計測はありません、
  • この辺は山火事が多いですが自然の営みは力強く、ブルーベリーなど若木が育ち、。
    こうした森林火災は何ヶ月も続くことがあるのですが、火事のときでも、生命線となっている物資や、機材を積んでトラッカーはこのハイウェイを命がけで、走りぬくのだそうです。夏は蚊の大群ですが自転車で横断する強者もいますが多くは引き返します、命がけです、今は雪道ですが雪が解けると信じられないくらいの悪路に変貌します、
  • Arctic zircleの看板があった場所での解説

北極圏境界線です。北極圏は1年のうち、最低1日は日が沈まない場所ということです。
北緯66度33分、ここが北極圏の入り口となります。コ-ルドフットまでの距離は400km、獲得標高は4,000mを超える氷点下40度を下回ることもある極寒だ。米国史上最低気温マイナス62度はこの道で観測されている夏も冬も視界が悪いのでダルトンハイウェイでは昼夜問わず、ライトを照らして走らなければならない。
これはダルトンハイウェイのルールです。ハイウェイといいつつも未舗装で、レンタカーの保険の保証外の道路である。ガードレールも分離帯もなく、油田に向かう大型トレーラーがブンブン走っている道でしたね。おまけに今回は冬の季節。何があるかわからない植生は、広葉樹はシラカバとアスペン、針葉樹はスプルス(トウヒ)あとは地衣類のみ、ブルックス山脈は写真家・星野道夫さんの書籍に必ずと言っていいほど出てくるアラスカを代表する山脈です。今回は、ブルックス山脈のアティガン峠での撮影や、山脈を越えてツンドラ地帯へ入り、北極圏ならではの透明な夕日などを狙います。電気も水道もないので、電気は自家発電、キャンプの水道は井戸水で宿泊はトレイラーハウスを改良したようなユニット形式の簡易住居的ホテルのスレートクリークインだ。充電は日本と同じプラグ、WIFIなし、ダルトンハイウェイの最高地点1,444mアティガンパス峠には明日ツアーがでています、参加しましたね!

 

 

アラスカどっぷりオーロラ(兵藤さんの写真)

  • 2020.02.29 Saturday
  • 18:08

行ってきました!アラスカどっぷりオーロラ鑑賞7日間

2020/02/22-28

 

兵藤さんから取り急ぎオーロラの写真数枚送って頂きました!その他山仲さん、土屋さん、菅澤さんの写真も後半にアップしました

各地での集合写真

 

 

 

 

フエアバンクスで見たオーロラ

フエアバンクスで見たオーロラ

コールドフットで、これオーロラ?

ワイズマンで、トウヒと星空

オーロラが光始めた

活動が活発になってきたオーロラ

これは期待できそう

立ち上がり始めたオーロラ

動きを早めるオーロラ

オーロラの舞

 

(アラスカ街道をいく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
(北極圏を行く)


























(痛快犬ぞり)





















(アラスカ鉄道に乗りデナリでスノーシュー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(空からアラスカを見てみよう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここからは山仲さんの写真で素↓

 

 

 

 土屋さんの写真↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

菅澤さんの写真↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん上手ですねえ❣

ありがとうございました‼

アラスカどっぷりオ-ロラ5日目

  • 2020.02.27 Thursday
  • 16:20

いよいよアラスカ鉄道でデナリ国立公園に移動してスノーシューです、デナリマウンテンが見えるとはうたっていないけれど遠くからでも見えたらなあ、今日も青空です、コメントは後ほど

デナリ国立公園入り口です

アラスカ鉄道🚃

  なんと北斗七星、粋だなあ

駅構内にもお土産屋さんあります、人気は汽笛

来たあ、

朝は寒いなあ マイナス16度くらいかな、連日36度くらいだったのでなれました

もうすぐ出発です

途中の炭鉱の街

冬なので車内ガラガラ、2席独り占めです

 

係のカリーナ

北斗七星のおじさま

人気の駅員さんらしいです

 

ランチはチョイスでした

まずはホットチョコレート

レインディアのホットドック

チキンサラダ

ビーフバーガー

ゆったりできるわ

中は暑いくらい

だって厚着してるものね

スピードゆっくり

可愛いロッジ ログハウス

デナリ駅到着です

ガイドのダンとサブリナ

 

似合うけど重いって!

村の娘でござんす

 

ムースの走り去ったあとタッチの差

スノーシュー天気も良くて楽しい

国立公園の管理人が昔いました可愛い小屋

初めての方も上手に歩けましたよ

 

 

 

終わった後はテイーとチョコレート

歩き日和の1日でした

帰りはサブリナでした

 

看板まえで

 

 

 

お土産の一部ですj

素敵でしょ。

 

手配の蛭田さん、本当にお世話になりました❣手探りで企画から大変だったと思います

またアラスカから連絡とったり時差もあるのに早急に対応して頂きありがとうございました、

ウエス、コリン、ジョン、ダン、サブリナ、直樹さん、ロバート、ステイーブ、トラタック、いろいろな

方々にお世話になりました❣次回は9月の北欧三国、オ-ロラと王様の散歩道行く予定です

どっぷりアラスカ4日目

  • 2020.02.26 Wednesday
  • 17:49

午前中は犬ぞり、午後は小型機でフェアバンクスへ戻り博物館とス-パ-へ行きました、快晴の中の犬は皆さんキャアきゃあ盛り上がりハマりましたよ

オ-ロラの写真は兵藤さんの写真後でアップしますね!

ロッジからの朝焼け

楽しい犬ぞり、指入っちゃった

ワクワク

可愛がられているワンコ達

 

犬ソリ🛷面白かった🛷はまりそう

イエイ!行ってくるよー

今日は暖かいランチの後はセスナでフエアバンクスまでひとっ飛び

9名乗りなので二手に分かれます

 

パイロット👩✈の隣です

   トラタツクパイロット

 

 

   みんな余裕です、ネパールに比べればねー

 彼が自撮りしてくれましたよ

    緯度

   航路、マイルなど

   上空からのパイプライン

   陸路10時間以上を1時間ちょっとで

   二機目

   アラスカ大学の博物館に行きました

    グリズリー

   北極グマ

 

 

   本物ではありませんよ

   これも

   ホテル裏のレストランでハリパットの夕食

   サラダと

 ハリパット、白身の魚です

   どこに行っても賑やか

   これも本物ではありません

 

どっぷりアラスカ3日目

  • 2020.02.26 Wednesday
  • 17:23

コ-ルドフット村は人口13名、大きなトラックドライバーさんたちのドライブインです、我々もマニヤックだなあ

この日は更に北極圏のブルックス山脈エリアに入って行くツアーに参加しました、オ-ロラ見られなくも諦めがつく素晴らしい山旅でした❣

 

北極圏越えると

この景色

今日は暖かい

ステイーブにはいろいろお世話になりました、ドリンク、水、お湯全て無料でしたね、こんな

極寒の人口14名の村で!!

ツアー客は勿論居なくてトラックやろうがカッコいいい!

いきなり、ひやあの世界

快晴に恵まれました

虹も🌈

もう言葉は要りませんでした

 

勿論誰もいません

ジョンも親切

 

1回だけのランチボックス,パンと野菜🍞🥬肉と分けてありました

貸切のブルックリン山脈までのツアー6時間コ-ス

 

 

お腹すいたね、コ-ヒ-ココアなど入れて下さいましたよ、コ-ルドフットに住みついて5年のジョン、

ずっとここに住むつもりだそうです、

 

連結されたトラック🚚

迫力あるわあ

人気のジョン

寒さに慣れて暖かく感じるのか風がないのがラッキー🤞

さて、ロッジに戻り2組だけ犬そり体験ですよ🐕

1人乗りに倉持、

シベリアンハスキーもたくさん種類があるそうです、可愛がられて

いるのがよくわかります、楽しかったー

夕食は暖かいス-プや飲み放題ココアやコ-ヒーから始まります、そうだ地ビールからでした

今夜は柔らかステーキ好評でした,倉持は硬いのが好きなんだけどね

 

 

夜 23時からは30分離れたもっと小さな村ワイズマンへ、新田次郎のアラスカ物語の安田さんが

過ごした村です

プロがどんなカメラも設定してくれてオーロラ出たら教えてくれます

昔の薬棚です、中は暖かくドリンクサービスあります

昨夜は全然見られなかったのですが今夜は大丈夫、

周りが真っ暗なのです

菅澤さんの

写真です

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

☆彡占い

メール

時計

天気


-天気予報コム-

トピックス

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM